私のこと

ブックマークに追加する

tougarashiさんのブログ

東九州短期大学卒業式

15日東九州短期大学の卒業式がありました。

中津市は地方都市にあって
派手な宣伝や大仰なパフォーマンスもなく
どちらかといえば地味な学風でなありますが
少人数制で、浄土真宗の講義に基づいた建学の精神の短期大学です。

そんな短大に集う学生は堅実で誠実です。
自分の理想とする生き方のポリシーとだぶって
私はこの学校が大好きです。

銀座『坐来』


10日銀座『坐来』でお話をしてきました。

腰の調子も暖かくなると同時に快復に向かい
この日にあわせて何とか銀座に行くことができました。

柚子ごしょう

最近はブームになって
大手のメーカーがチューブに入ったものも
売られるようになりました。

ドレッシングも
柚子ごしょう味なる物も出現しています。

工房では毎年10キロの手作り柚子ごしょうを作ります。
自家用と知り合い知人親戚の分も
含まれているのですが
これが限界です。

これも手前味噌というのか
自分のうちのが一番です。

柚子に魅せられて(1)

大分県といえばカボス。
けれども橙も柚子も・・・。
調理用の香酸柑橘類では一大生産地なのです。

最近ブームになっている柚子ごしょう。
元祖は大分です。

2年ほど前
東京の出版社からの依頼で
柚子ごしょうの取材を受けました。
この地域に住む私たちにすれば
取り立てて珍しいものでもなかった柚子ごしょう。

豊後大野市と豊後高田市が手を結んだ新しいレシピ

ずっとブログがたまっています(汗)


2月26日
ツーリズム大分の主催で
豊後大野市と豊後高田市の地域が連携しての
あたらしいレシピの提案というので
工房に20数名が集まり
勉強会を行った。


実際に地元で活動をされている方々が中心に集まった。
それに混じって
それぞれの市の担当や県の担当の
スーツ姿の男性陣もがんばって参加です。


みんな地域の振興のためにがんばっていました。

フキノトウ

気がついたら日にちが空いてしまいました。
腰の調子もぼちぼちあたたかさとともに回復中です。
工房も少しづつ春の芽吹きが始まっています。

このところはフキノトウを炊いています。
家中にふきの独特の香りが漂っています。
まさしく春の香りです。

梨の豊里と梨のリキュール梨園

今日は農業文化公園での伝承料理講座です。

農業文化公園に出向きながら
ブログに書き忘れていたことがありました。

話はさかのぼりますが
昨年のクリスマスには
とても素敵なクリスマスプレゼントを頂きました。

それが大分県産の新品種の梨の「豊里(ほうり)」
梨のリキュール「梨園」です。

由布院 風の食卓プロジェクトでお話しました。

1月19日は お天気がよくて 由布山が本当にきれいに見えました。

獅子頭(鬼柚子)

お正月も七草を過ぎてひと段落。

お正月飾りに使っていた
獅子頭(鬼柚子)を下げて
せっせと炊いています。
年末も炊きましたが
これからが本番(?)です。
なかなかいい具合の箸やすめになります。

ちなみに右側は金柑の炊いたものです。
食べやすいよう4等分してしまいましたが
これもよく炊けました。

わが家のおせち


「おせち」と言えば
最近ではデパートなど買うもの
というような印象があって・・・。

師走になるといたるところで
「おせちの予約」のチラシを目にします。

わが家のおせちはここ何十年と
変わり映えがしません。
子どもたちの「またぁ~」という声さえ聞こえそうですが
これが定番と言えば定番だし・・・。
伝統と言えば伝統なのかもしれません。