思いと伝承

ブックマークに追加する

思いと伝承

そして私も「生活の達人」に…。
祖母や母から教わった暮らしの知恵を、
今、伝承します。

梅がほお紅をさしたから
しそが梅雨の雨にぬれたから
春のおからは鯛の味
秋のおからはえびの味


「あぁ。それはこういうことだったのね」
何げない祖母や母のことばに答えを見つける。
学びの種が日常茶飯にあることに気づく。
食べることは生きる原点であることに気づく。


なぜ「食」をテーマにするの?
探求心、好奇心、チャレンジ、コミュニケーション。
生きていく、生活していく上での基本が、すべてが含まれていると思う。
その学びの場が『だいどころ』だった。
言葉で言えば簡単、だけどなかなか難しいこと。でもとても大事なこと。
だから…今の世だから…伝えたい。今こそ伝えたい。


コメント

ありがとうございます。

たこ焼きの記憶。
祖母が焼くたこ焼きはおいしかったです。
今でもあの時の鉄板が家にあります。
年季の入った50年以上も経つでしょうか。

私も時々子どもと焼きながら
祖母のことを話します。

あそこにも幸せの記憶がありましたね。

おかあさま

金丸先生のホームページを初めて開かせていただきました。
暖かくて、懐かしく、うれしい気持ちがいっぱいになりました。

私は、40年ほど前の風景(思い出)が甦りました。
金丸先生のおかあさまが焼かれた「たこ焼き」を
5歳上の姉といっしょに「ふうふう。。」しながら食べて、
手をつないで家に帰った情景です。
おかあさまのやさしい笑顔も浮かびます。

父、母、祖父、祖母は毎日忙しく、農作業で家にはおりませんでした。
月に一度あったかないかだとは思うのですが、
子供ながらに、「おかあさまのたこ焼き」を食べた時は
どんなに嬉しかったろう、幸せだったことだろうと思います。

おかあさまのたこ焼きは、昔の長洲っこの幸せの味です。
本当にありがとうございました。

金丸先生のお料理は現在のしあわせの味ですね。

新しいコメントの投稿

このフィールドの内容は非公開にされ、公表されることはありません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

書式オプションに関するさらに詳しい情報...


おいしさ以上のもの

金丸佐佑子をもっと知りたい方へ 見直したい、祖母と過ごした昔のくらし 「おいしさ以上のもの」 定価 840円(税込)
平成18年9月〜平成19年4月に西日本新聞大分県版で連載された記事を加筆修正したものです。