ぬか床の話~その4 ぬか床は奥が深い・・・

一昨年、知人より20年大切に守ってきたぬか床の漬物を頂きました。 そのおいしかったこと!!

茄子、きゅうり、人参など
野菜のみずみずしい味に驚かされました。
野菜の味が生きていたのです。

わが家のぬか床の野菜はおいしいけれど
百年床の味が強くて
長い間この味に慣れていた私は
野菜の味を忘れていたような気がしました。

時を同じくして
勉強会に来る若い人が作った一年床の漬物も試食しました。
ぬかの中にビールやにんにく、スパイスなどを入れたとか
これはこれで面白い味に仕上がっていました。

百年床も20年床も一年床も
それぞれに個性があってとっても楽しいものです。
古さだけが素晴らしいとは限りません。
ぜひ新しく挑戦してみる価値があると思います。

つくづく感じるのはぬか床は奥が深いということでした。

コメント

新しいコメントの投稿

このフィールドの内容は非公開にされ、公表されることはありません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

書式オプションに関するさらに詳しい情報...