ブックマークに追加する

たかが葉っぱ されど葉っぱ

竹の皮のお話をして思いだしました。

私たちの周りには
本当にたくさんの利用できる葉っぱがあります。

例えば葉蘭(ハラン)
庭の片隅によく見かけます。
和食の板前さんにかかると
包丁で丁寧に細工したものが料理に添えられています。
この葉っぱを模したビニールのものは
お弁当の中の間仕切りとしてよく見かけます。


柿の葉
これも柿の葉寿司があるくらいですから
防腐効果もあります。
柿の葉茶なんかもあったりして・・・。


もみじの葉
青いものも色のついたものの
料理の季節感を表すのに使われます。


桜の葉
塩漬けにしたいい香りの葉っぱは
桜もちには欠かせません。


その他工房を見まわしてみると
トウモロコシの葉
熊笹や笹(笹餅など)
肉桂(ニッケイ)肉桂餅もいい香りです。
サルトイバラ(柏餅の柏がない時に使っています)
みょうがの葉(みょうがもちもいい香り)
大葉(大葉もちもこれからが美味しい)などなど


料理は変わり映えしなくても
これらが季節を演出してくれることは多いものです。
料理にも使え
香りを楽しんだり
防腐効果もあったりと
昔の人はよく考えています。


孫たちは喜んで葉っぱを集めます。
その折にそんなことを話して伝えたいものです。

コメント

新しいコメントの投稿

このフィールドの内容は非公開にされ、公表されることはありません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

書式オプションに関するさらに詳しい情報...