ブックマークに追加する

梨の豊里と梨のリキュール梨園

今日は農業文化公園での伝承料理講座です。

農業文化公園に出向きながら
ブログに書き忘れていたことがありました。

話はさかのぼりますが
昨年のクリスマスには
とても素敵なクリスマスプレゼントを頂きました。

それが大分県産の新品種の梨の「豊里(ほうり)」
梨のリキュール「梨園」です。

私の尊敬してやまない中尾茂夫先生と
吉野賢一先生が20年以上の歳月をかけて
産み出した赤梨なのです。

みずみずしく甘みが多く
なめらかな食感で
味わいながら
20年以上にも及ぶご苦労が報われたことに
私も感激しながら頂きました。

その時に感じたのが
私のクリスマスは
ホーリナイト(聖夜)=豊里(ほうり)ナイトでした。

その先生にお礼を申し上げなければと
思い出して書いています。

コメント

そんなことはないと思います。

返信が遅くなりました。

でもその感想率直かもしれませんよ。
味なんて比較のしようがないですから・・・。

絶対音感ならぬ絶対味覚みたいなものはあると思います。
山荘無量塔の木村淳二料理長の味覚は
信じられないようなものでしたが・・・。

でもおいしければそれでいいと思います。

梨園おいしかったです。

甘くフルーティーな香りで甘味を感じるが甘さがひつこいことのない味でした。
でも私の感じた味は、擂ったりんごのようでした,梨のリキュールなのに変なことをとお思いでしょうが、第一印象は擂りりんごでした、後で言われ熟したラ・フランスのように感じましたが。あくまで第一印象は擂りりんごでした
率直に言いいます、こんな私は、味音痴なんでしょうか行きつけのバーで言われショックだったのでこんな書き込みしてしまいました、味音痴とゆうなら一度味覚を鍛えなおそうと思います。

新しいコメントの投稿

このフィールドの内容は非公開にされ、公表されることはありません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

書式オプションに関するさらに詳しい情報...