銀座『坐来』


10日銀座『坐来』でお話をしてきました。

腰の調子も暖かくなると同時に快復に向かい
この日にあわせて何とか銀座に行くことができました。

以前にも書いたことがあると思いますが
ここは大分県のフラッグショップとして
大分の食材を使い
大分ならではの料理を切り口に
大分を丸ごと発信している素敵な場所なのです。

銀座に居ながらにして
大分の味を味わっていただけるという
新しい発信の拠点です。

私が生活工房とうがらしを建てたコンセプトは
宇佐や毎日の食事という足元の日常を
非日常という生活工房とうがらしで
見つめなおすことにあります。

銀座「坐来」
大分という日常を
銀座という非日常で見つめなおすという
同じようなコンセプトに共感していて
大ファンであり
応援団の一人と自負しています。

今回は大分から来た語り部として
若いスタッフの皆さんにエールを
送らせていただきました。

そして夜は
梅原陣之輔料理長のもと
大分の食材を十二分に使った料理で
大分の味を堪能し
大分の食の豊かさを実感できました。

もうひとつ
先日ご紹介した梨のリキュール「梨園」これがまた本当においしかったです。

夜は今評判のコンラッド東京に宿泊し
高層階から都会の夜を満喫しました。
朝食は多くの外国人のビジネスマンが
ブレックファーストミーティング中で
とても日本に居るとは思えない空間でした。

そして
築地の市場を見学し
銀座のデパートをめぐって
流行の食品や食材を見てまわり
銀座を堪能して帰路に着きました。

本当に“非日常”を体験できた2日間でした。
非日常を体験したことで
ますます日常の毎日を大切にしたいと思いました。

コメント

新しいコメントの投稿

このフィールドの内容は非公開にされ、公表されることはありません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

書式オプションに関するさらに詳しい情報...