私のこと

ブックマークに追加する

料理

わが家のおせち


「おせち」と言えば
最近ではデパートなど買うもの
というような印象があって・・・。

師走になるといたるところで
「おせちの予約」のチラシを目にします。

わが家のおせちはここ何十年と
変わり映えがしません。
子どもたちの「またぁ~」という声さえ聞こえそうですが
これが定番と言えば定番だし・・・。
伝統と言えば伝統なのかもしれません。

わが家のお正月

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

この年末はOBSの「発見!人間力」の再放送
NHKの「ししまるTV」の再放送
そして今朝OABでの「新春の知事との対談」と
立て続けにとうがらしを取り上げていただきました。
ありがたいことです。

年末恒例・・・

「もういくつ寝るとお正月~・・・」
いよいよお正月の料理作りが始まりました。
我が家のレンジは大きな鍋が順番待ちです。

お福分け用のお多福豆に
獅子頭という大きな柚子や金柑を炊いたり
お節料理の定番の黒豆と・・・。

28日は友人数人と恒例の餅つきです。
朝から外でもち米を蒸して
その間におせちの下準備や
昼食にはいただいた猪肉でしし鍋です。

なすはエライ!!

今週末はテレビ朝日や朝日放送で
放映があたったようで
友人や親戚など遠くに住む方から
画面上での再会にお電話を頂いた。
ありがたいことです。

朝からみなさんありがとうございました。

昨日は工房で料理をした。
いつも工房を手伝ってくれる
アシスタントの楳木さんと
工房の片づけや自分の勉強や雑用をこなした。

渋皮煮

体調不良の私を心配して妹や知人から
渋皮煮が届きました。
ありがたいことです。


一方例年通り
渋皮煮用にと立派なクリも頂きました。
今年は無理をしないと決心していたはずですが
旬の料理をつくらないことは
かえって体調不良に拍車がかかります(?)
来年はもっと体調が悪いかもと
勝手に予想して(笑)
とうとう10キロ近い渋皮煮を作ってしまいました。

豆好き人間の私

私はずいぶん以前から
「豆、マメ、まめ」と言ってきました。
その私でも
最近は豆の時代が来たのかなぁと
思えるようになりました。

豆のすごいところは
美味しい
残菜が出ない
保存がきく
料理が簡単

また食物繊維やポリフェノール
イソフラボンにビタミンなど
今流行りの栄養素をたくさん含んでいます。

塩炒りを作る

このところ
こっそりエプロンをかけはじめています。

退院してから一番作りたかった料理は
メブトの塩炒りです。

日頃はゆっくりテレビの料理番組など見る暇のない私が
長い入院生活の中ではつれづれに見る機会がありました。

その中で驚いたのは
「なんとも手の込んだ料理が多いことか!!」。
そんな対極にある料理が塩炒りなのです。

ぶっかけしらす丼

近況報告 第2部

8月22日
大分県東部振興局主催の
大分県東部地区農林水産加工品の認定審査会の
審査員の一人として参加しました。

局長賞2点は
偶然にも
私が以前から応援していた知人たちが開発した商品でした。
他人ごとながらとってもうれしいことでした。

同時に大分県には
「こんな素晴らしい食材がいっぱいある」というを
改めて実感しました。

由布院料理人たちの底力

7月下旬に退院して一ヶ月ちょっと。
まだまだ半健康人です。
入院中にお断りしていた仕事を
少しづつですが再開しています。
その報告の第一部。


9月4日

みそ嫌いだった私

工房では花見仕込みのこの時期は
次から次へとみそづくりで
大忙しです。

ちなみにみその仕込みには
もっとも寒い時期に仕込む寒仕込み
花見の季節に仕込む花見仕込みなどがあります。

「どうして毎年そんなにみそ作りに精を出すのか?」
と聞かれたことがありました。
「なぜ?」自分でも考えてみました。
・・・みそが好きだったから
いえいえ、とんでもない。