私のこと

ブックマークに追加する

食材

宇佐「院内ゆずごしょうキット」物語 その2

(濃い緑がきれいなでかなり大きくなった青柚子!!でもこんなに近くにくっついてなっていると摘果されます。)
(物語続き) もともと探究心が旺盛の私です。 他のゆずごしょうのどこが違うのかの探求が始まりました。

そして

宇佐「院内ゆずごしょうキット」の予約販売がはじまりました。

皆様お久しぶりです。


いよいよ大分県宇佐の
「院内ゆずごしょうキット」の予約販売がはじまりました。


私のもとに集まる若い人(?)が
大学や高校の文化祭のノリで立ち上げたような企画です。
(こういう言い方をすると娘に叱られますが・・・)
何しろ一か月の限定販売ですから・・・。

ゆずが大きくなってきました。

お盆休みで帰省していたので
久しぶりにゆず畑に出かけてきました。

大きくなっていました。
深い緑がどんどん濃くなっていました。

でも不思議ですよね。
これがあの真っ白なゆずの花から
この深い緑色になり
気温が下がって
あの鮮やかな黄色のゆずになるんだから・・・。

ゆずごしょうキットで
きっとおいしいゆずごしょうを体験できますよ。

ゆずごしょうって作れるの?

昨日ゆずプロジェクト第1弾として
「院内ゆずごしょうキット」
予約販売を開始したことをお伝えしました。



数名の方から
「ゆずごしょうって自分で作れるんですか?」と
おたずねがありました。
地元や自分のお宅に
ゆずの木がある人には
作ることも当然の話ですが


最近のブーム初めて知った方にとっては
「ゆずごしょうが自分で作れるの???」って
思われたようです。

ゆずプロジェクト始動です。

お待たせしておりました。

いよいよ
ゆずプロジェクト始動です。

このプロジェクトは
院内のゆずをメジャーにして
院内ゆずの良さを一人でも多くの人に
お知らせしていくプロジェクトです。

ぜひぜひ応援して下さい。

引き続きかわいいゆずたちの様子も
ご報告をさせていただきます。

長崎との食文化交流会

先週お天気の悪い中
長崎から7名のお客様が見えた。

4月27日に長崎県の保育士会主催で
金丸佐佑子が講演したのをきっかけに
「ぜひ、大分と長崎の食文化を交流しましょう」という話で盛り上がった。
皆様お忙しい保育園の園長先生や栄養士の先生方で
なかなか予定が合わずやっと念願かなって今回となった。

盆だら

博多の町は7月15日の山笠が終わって
本格的な夏を迎える感があるが
7月15日をお盆という地域もある。

このお盆の時期といえば忘れてはならないのが
盆だら
大分県も日田地方ではよく見かけるが
それ以外ではあまりお目にかからない。

福岡でもスーパ―にはタラオサ(タラの胃)が並ぶので
この辺でも食べるのだと思う。
(でもみんな戻すのに苦労していると思うのだが・・・)

農業を担う若者たち

最近工房に見える方や
新しく出会う方に
農業を担う若い人たち増えています。

みんな志が高くて
本当に価値高く生きているという感じで
とても素敵です。

気がつくといつの間にかファンになって
応援団になっています。
そういった若者に共通しているのが
親御さんや地域の人々の後姿を
見て育っているということです。

ゆずプロジェクト応援して下さい。

ゆず(柚子・柚玉)プロジェクトを立ち上げました。

以前東京のデパ地下で柚子のあまりの高価さに
びっくりしたことがありました。
大分宇佐に住む私にとって
カボスやユズはごく身近な食材で
ご近所のどこのうちにでも転がっているような存在で
買い求めるというものではありませんでした。

ゆずプロジェクトが始まります。

生活工房とうがらし、金丸佐佑子の活動を
いつも応援してくださっている皆さま
本当にありがとうございます。

このたび生活工房とうがらしでは
とうがらしプロジェクトを立ち上げ
その第1弾として
「ゆずプロジェクト」始動しました。

このゆずプロジェクトは
大分県宇佐市院内町のゆずの
おいしさや素晴らしさを
広く皆さまにお伝えしていくものです。